ホーム » ミラクルカップ » 雑誌「安心」2005/11 に掲載! » ブラジャーにはさむだけでバストが大きくなる、弾力がでると話題の遠赤外線ブラ

アイポン【i-PONT】

ブラジャーにはさむだけでバストが大きくなる、弾力がでると話題の遠赤外線ブラ

体があたたまり、血流量も大幅に増す

ブラジャーと肌の間にはさむだけ美しく豊かなバストは多くの女性の憧れです。その実現に役立つ、まったく新しいバストケアグッズが登場しました。

その名は「遠赤外線ブラ」。

ブラと名付けられていますが、実際はバストパッドで、使い方はいたって簡単。普通のパッドと同じように、ブラジャーのポケットに入れるか、またはブラジャーと肌の間にはさむだけです。

そのようにして使っているうち、バストのサイズが大きくなった、弾力やハリが出た、形がきれいになった、という愛用者が続出しています。

パッドを当てておくだけで、なぜそんな効果があるのでしょうか。

遠赤外線ブラは、丸みをおびた作りで、見た目は普通のパッドとかわりません。その特徴は、使ってみて初めてわかります。

装着して20分もたつと、胸を中心に、体がホワホワと温かくなってくるのです。
ポカポカというよりホワホワと表現するのがピッタリの、とても気持ちいい温まり方です。

ここに、「遠赤外線ブラ」という名前のゆえんが隠されています。このパッドは、遠赤外線を放射する特殊素材でできており、その作用で体が温まるのです。

といっても、その遠赤外線は、パッドが作り出すのではありません。

じつは、私たちの体の表面からは、絶えず遠赤外線が放出されています。遠赤外線ブラは、それをとらえてため、逆に体に向かって放出します。

つまり、遠赤外線ブラを使うと、「自前の遠赤外線」を有効利用して、温熱効果が得られるのです。

体が温まれば、その部位の血流はよくなります。遠赤外線には血流を促す直接作用もあることが知られており、遠赤外線ブラは、二重の意味で血行促進に役立つことになります。

東京電機大学教授の町好雄先生が行った実験では、遠赤外線ブラを使うと、実際に血流量が大幅に増加したという結果が出ています。

性ホルモンの分泌が促される

遠赤外線ブラにはもう一つ、ユニークな作用のあることがわかっています。それは心身の「リラックス効果」です。

このことも、町先生による実験で確かめられています。遠赤外線ブラをつけた被験者の脳波を調べたところ、リラックス時に出るα波が、脳の広範囲に強く現れたというのです。

人体のホルモン、とくに性ホルモンの分泌は、十分にリラックスしているときに促されることが知られています。

そこで、右の実験結果から、遠赤外線ブラは、温熱作用と血流促進作用で体の代謝(物質の変化や入れ替わり)を高める一方、ホルモン分泌を促して、美しいバストづくりに効果を発揮するのではないかと考えられています。

遠赤外線ブラの愛用者に多い声を改めてあげてみましょう。

  • 小さかったバストが大きくなった(1~2サイズアップ)
  • 出産・授乳後に失われたバストのハリがもどってきた
  • 年とともに乏しくなったバストの弾力がよみがえってきた
  • たれていたバストが上向きになってきた
  • 濃かった乳首の色が薄くなってきた

バスト以外に、次のような変化を感じている人もいます。

  • 顔のシワやシミがへった
  • 肩こりが改善・解消できた
  • 冷え性がよくなった
  • 乾燥肌がしっとりしてきた
  • イライラが解消された

「なぜそんな変化が!?」とちょっと不思議ですが、前述のように血行と代謝がよくなり、女性ホルモンの分泌が促された結果と考えればうなずけます。

ただし、バストもそれ以外の面も、変化が現れるまでの期間は、人によって大きく違うようです。

遠赤外線ブラは、その丸みにバストが心地よくおさまり、とても軽いので、違和感なく使えます。洗っても効果が落ちず、半永久的に繰り返し使えるのもうれしい点です。

乾きが早いので、通常、夜洗って干しておけば、また翌日使えます。

ちなみに、私自身は、使い始めてまだ10日ほどですが、少しずつバストに弾力が出てきたようです。

今後が楽しみです。