ホーム » ミラクルカップ » 雑誌「安心」2006/4に掲載! » バストトップを10センチ大きくし濃い茶色だった乳輪の色も薄くした遠赤外線ブラ

アイポン【i-PONT】

バストトップを10センチ大きくし濃い茶色だった乳輪の色も薄くした遠赤外線ブラ

飲食店勤務・43歳 林えり子

飲食店勤務・43歳
林えり子さん

乳房のふくらみがへって貧弱

遠赤外線ブラを着けてみようかなと思ったのは、平成十六年の秋に、知人から「おっぱいの形がよくなり、そのうえ大きくなるのよ」とすすめられたからでした。
遠赤外線ブラとは、遠赤外線を放出する物質を組み込んだ素材でできたブラジャー用のパッドです。

私は二十五歳から三十五歳までの間に四人の子供を産みましたが、胸は出産後の一時期を除いて七〇センチBカップと一貫して小さめで、ずっと豊かな胸に憧れていたのです。
もともと胸にボリュームがないため、四度の出産後も目立って胸がたれることはありませんでした。

とはいうものの、さすがに四十代になるとバストトップの位置が下がり、胸の形も若いころのようなパンと張ったお椀型ではなくなっていました。
乳房の上のほうについていたお肉が落ちてふくらみがへり、服を着たときの胸もとが貧弱になった感じでした。

また、出産のたびに乳輪の色が濃くなり、茶色く変化したのも気になっていました。
知人から最初に遠赤外線ブラの話を聞いたときは、正直いって「もう四十代だから、大きくなるかどうかはわからないな」と思いました。

ただ、遠赤外線ブラは普通のパッドのように、ブラジャーと肌にはさむだけでよいので、試しに使うことにしたのです。

私は夜、お酒を出す店で働いています。
仕事中はもちろん、起きている間は遠赤外線ブラが直接肌に当たるようにブラジャーにはさんで過ごしました。
寝るときはブラジャーをはずすので、夜のうちに洗って干しました。

すると朝には乾いていて使えます。

遠赤外線ブラは分厚くないので違和感なく着用でき、着けているとホンワリと胸が温かい感じがありました。

BカップがCカップにボリュームアップ

こうして毎日、遠赤外線ブラを着けていたところ、四カ月たったころに、いつも使っているブラジャーがどれもきつく感じられるようになりました。

お風呂上がりに鏡で見ると乳房のまわりにふっくらとした軟らかいお肉がつき、とくに貧弱だった胸の上の方にボリュームが出たようでした。

そのころ、いつも行く近所の下着屋さんでバストサイズを測ってもらうと、七〇のCカップになっていたのです。
やはり胸が大きくなっていたのです。

胸のボリュームはその後も増えて、遠赤外線ブラを着け始めて七~八カ月後にはアンダーバストが七〇センチから七五センチになりました。
七五のCカップのブラジャーがピッタリになったので、トップは九〇センチ前後になっていると思います。

七〇Bカップだったころはせいぜいトップは八〇センチ前後だったはずですから、そのころから比べるとかなりな成長ぶりです。

私はここ数年、身長十六〇センチで五二キロの体重は変わっていないので、太ったのではなく、胸全体にボリュームが出たのだと思います。

現在つきあっている恋人も、私の胸が大きくなったことをとても喜んでくれています。

さらにうれしいのは、サイズが大きくなっただけでなく、胸の形がきれいなお椀型になったことです。たれぎみだったバストトップの位置が上がり、胸元の肌もツヤツヤ、スベスベです。

お店ではキャミソールにジャケットなど胸元の開いた服を着ますが、一緒に働いている三十代の人から「胸がきれいね」といわれます。
とても子供を四人も産んでいるようには見えないそうです。

「何か使っているの?」と聞かれたので遠赤外線ブラのことを教えてあげました。

最近は、濃い茶色だった乳輪の色も以前よりずいぶんと薄くなってきました。
いまは薄茶色といった感じでしょうか。
こちらもあきらめていただけに、とてもうれしく思っています。

また、遠赤外線ブラを着けるようになってから血行がよくなったのか、以前より体が冷えなくなりました。

私はストッキングやタイツが好きではなく、できれば着たくありません。
それでも冬は足が冷えてひざが痛くなるので、タイツをはいて過ごしていました。

ところが、遠赤外線ブラを着け始めた平成十五年の冬からは素足にパンプスでも寒く感じなくなったのです。
ひざも痛くならないので、今年のような寒い冬でも、ミニスカートに素足で過ごしています。

遠赤外線ブラはハッキリいって、すごいです。

胸元の肌もツヤツヤ

胸元の肌もツヤツヤ

ひとことアドバイス

東京電機大学教授 町 好雄

遠赤外線ブラのようなパッドを当てておくだけで、バストが大きくなったり、色がきれいになったりするのは、ちょっと考えると不思議に思えます。
しかし、体のどの部分でも、血行や代謝(物質の変化や入れ替わり)がよくなるほどハリや弾力が出て、皮膚もきれいになるものです。

女性のバストも、もちろん例外ではないでしょう。

遠赤外線ブラは、その遠赤外線効果により、血行を促し、心身をリラックスさせる作用を持っています。
結果的に代謝が高まり、ホルモンに林さんのような変化が起こると考えられます。

遠赤外線ブラを使っているうち、冷えが改善・解消される人もいるようです。
これも、遠赤外線による血行促進と保温効果によると思われます。
冷え対策にも活用するといいでしょう。