ホーム » ミラクルカップ » 雑誌「女性自身」に掲載!

アイポン【i-PONT】

雑誌「女性自身」にMIRACLE CUP掲載!

2006年12月12日号「女性自身」

MIRACLE CUP掲載 雑誌「女性自身」

バストが本当に大きくなるブラジャーがあった!?

遠赤外線の力で、ハリや弾力が甦り形もよくなった

「生まれながらに小さいkらどうにもならない」「子供を産んだから形が崩れても仕方ない」、バストのことって、人に相談しにくいから一人で悩んでいる人がほとんど。
そんな女性たちのために、太鼓判スタッフがとっておきのニュースを入手。
肌につけているうちに自然にハリが出てバストが大きくなる(!?)ブラジャーがあるというのだ。

「出産後の一時期を除いては、70Bとずっと小さめだった私が、遠赤外線ブラで4カ月後にはCカップ。160cm、52kgの体重はそのままだったバストトップの位置も上がったんですよ」

と、自らのバストアップ体験をうれしそうに語るのは結城加奈子さん(43歳)。
4人の子供を出産したママだ。
彼女が遠赤外線ブラと呼んでいるのは、ブラジャーのカップの部分に入れるパッドのことで、遠赤外線を発生させる新素材でできている。
その素材とはいったいどんなものだろう?

東京電機大学教授の町好雄先生に説明していただいた。
「遠赤外線というと暖房器具などをイメージされるでしょうが、実は人間の体表面からも体温という形で、遠赤外線が放出されているのです。この新素材のアイポンは特殊な発泡体からできており、多数の細かい穴にたまった空気が体から出た遠赤外線を一時的にためます。そして、保湿・血行促進効果の高い波長の遠赤外線に変えて、肌に向かって再放出するのです」

つまりアイポン素材を肌にあてることで、自分の体が放った遠赤外線を有効活用できるというワケ。
素材そのものの遠赤外線効果は、半永久的だ。
アイポンは新素材で、国際特許を5カ国で取得している。

 

遠赤外線ブラを使用したときと、しないときの比較

遠赤外線ブラを使用したときと、しないときの比較

町先生が行った実験でもアイポン素材の遠赤外線ブラを装着すると、その部分の体温が明らかに上昇することが認められている。
また装着したときの血流量を、装着しないときと比較したところ、7分後くらいから急激に血流量が増し、20分後にはかなりの差が出てきた(グラフ参照)。

さらに装着時にリラックス感が得られることも判明している。
健康用に開発したものだが、いつのまにかバストが大きくなるという声が続々と届くようになったとのこと。
「血行がよくなって、リラックス状態になれば、体の代謝やホルモン分泌も促されます。バストが大きくなったり、ハリや弾力が増したりするのは、その結果ではないかと推測されます」

BカップからDカップになった、飯田かおるさん(27歳/会社員)は、「4カ月後くらいからボリュームが出てきてトップの位置も上がり、クッキリ谷間が実現。バストまわりの肌もスベスベになって、ブラウンだった乳首がピンク色っぽくなったんです。うれしい」

野口洋子さん(40歳・主婦)はバストの変化とともに、肩こりや冷えが改善された。
「以前は首から肩にかけてバリバリに硬く、頭痛もしょっちゅう。それが遠赤外線ブラを使うようになってから、血行がよくなったのか、いつのまにかこりを感じなくなっていたんです。バストもこれまでのブラジャーからお肉がはみだすくらいにバストアップ。これ以上大きくなっても困ると思い、いまは使うのをやめちゃったんです(笑)。それから4カ月たちますが、胸は相変わらず大きいまま、乳房のハリも保ってますよ
と、いうからうらやましい。

遠赤外線の体を温める力も活用できるので、これからの季節の冷え対策にもよさそう(03-3569-3339 アイエスティー株式会社にて取扱い)。
ボディが隠れているいまのうちに、バストコンプレックスを解決。
グラビアアイドル並みのバストを目指してみては?

遠赤外線ブラ

遠赤外線ブラ
MIRACLE CUP
(ミラクルカップ)
1セット 2個入り
9,800円(税込み)

 

リラックス効果をもたらす遠赤外線効果

町好雄先生
町好雄 先生
工学博士。
東京電機大学教授。
アイポンのもつ遠赤外線の力に着目し、さまざまな研究を行っている。

アイポン素材の遠赤外線ブラを装着したときに、脳波がどう変化するのか調べました。
すると、心身が十分にリラックスしているときに出るα波の出現範囲が、装着前より、しかもレベルが高くなることが認められました。
この結果は、遠赤外線ブラの装着により、リラックス状態が促進されたことを意味します。